スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の南仏紀行 4 夜のカルカソンヌ

長い一日のしめくくり、旅の最後の夜はカルカソンヌで夕食を食べることにしました。

一日中、そして旅行中ずっとずっと降っていたうらめしい雨もやぁぁっとやみました。

sfur2010 120


そういえば、ワイナリーのアントニオも「ここら辺では雨が一回降り出すと4-5日か1週間は続くからね、悪いときにきちゃったねえ。ハハハ」と笑われましたっけ。
まあお天気ばかりは運なので、しょうがないですね。

それにしても夕方~夜のカルカソンヌは幻想的。

sfur2010 125

ぶれたせいで雲の動きがとっても不穏な不思議な写真が取れました。


sfur2010 124

こっちもなんだかお化けが出てきそうな感じ?
腕が悪くて写真でこの美しさがお伝えできないのがとっても残念。

まずは傘をささずに!城壁内をゆっくりと一回り。

雨にぬれた石畳が街灯のオレンジ色に染まり、キラキラ光ってとてもキレイ。
やんでいると雨ってのも風情があって悪くなりもんですが、旅行中よくも振り続けてくれたなあ~という感じでした。

さて、一回りして姫とチキのお腹が鳴り出したところで、レストランへ

母はまたもやフォアグラ サラダを注文。←しつこい?

デザートはもちろん姫とチキと一緒のクレープ♪
姫はずっとチョコレート派だったのですが、ここ最近、砂糖派になりお砂糖のクレープを頼みました。
子供のご飯にはチョコレートのクレープがついてくるのに本当に砂糖でいいの?と店員さんに何回も聞かれてました。
私も昔はクレープといえばチョコ&バナナ&生クリーム&アイスクリーム派だったのですが、最近は姫と同様に砂糖派になりました。カロリーも控えめなはずですしね。
シンプルでなかなか美味しい&新しい発見です。

帰りの車では明日の朝ご飯の焼きたてのクロワッサンと明日買うお土産のことを考えながら、ご機嫌の母。

雨は降っていましたが、本当に充実した一日でした。


人気blogランキングへ



クレープとガレットのとっておきレシピクレープとガレットのとっておきレシピ
(2009/05)
黒川 愉子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

【theme : フランス
【genre : 海外情報

tag : フランス

秋の南仏紀行 3 

スペインもすっかり寒くなってきて、冬の足音が近づいてきている感じです。
さて、冬になる前に秋の旅行記を書ききらなければ。

さて旅行最終日、今日も朝窓の外を見ると またもや 雨・・・・。

南仏というと常に温暖で太陽サンサンのイメージですが、旅行に来る前にかなり前のベストセラーの

南仏プロヴァンスの12か月 (河出文庫)南仏プロヴァンスの12か月 (河出文庫)
(1996/04)
ピーター メイル

商品詳細を見る


を読み返していて冬のこの地方の天候の厳しさを改めて知ってはいたのですが、旅行中興雨が降るのは本当にいまだかつてないことだったので本当に残念。
といってもずっと宿にいるのももったいないので、本日は一日中雨かも?のプランCを決行。

まずは車で5分この辺りに星の数ほどあるワイナリーのひとつへ。

今はちょうど、ワインを作リはじめる忙しい季節なので、残念ながらワインナリーの見学はやっていないとのこと。
まあここのワインなら間違いないだろうといろいろ話をしていたら、たまたまスペイン人の父を持つハーフのアントニオがスペイン語でワインを選ぶ相談に乗ってくれて、話をしていたら盛り上がり、特別にワイナリーを案内してくれることに。


stubbs4.jpg

最近は樽に入れてワインに香りをつけるのではなく、アメリカ式に缶の中に木のチップを入れて香りを出しているそうです。
そうすると毎年捨てていた大量の樽をセーブすることができるし、自然にも優しい。
ということでこの樽たちは廃棄の運命だそうでなんだかちょっと切ない気分でもあります。
お勧めのワインを1ケースとシャンパンなども買い込んで次の目的地へ!

お次は恐竜の博物館へ。

風景を楽しむために高速を通らずに、目的地に向かいます。(実はただ迷っているだけだったのかも?)
限りなく広がるブドウ畑とひまわり畑、お天気がよかったら忘れられない風景だろうなあとまたもや雨が恨めしくなります。
あめだったので写真は取っていませんが、とにかく果てしなく広がるひまわり畑は圧巻!でした。
夏は本当にきれいだろうなあ。
春はアマポーラが凄く綺麗だと宿のオーナーが言っていました。
フランスの田舎は本当にきれいです。

散々迷った挙句にやあっとたどり着いた恐竜博物館はお昼の時間で閉館でした。笑。
しょうがないので、土砂降りのなのでとにかく博物館から一番近いレストランで済ませてご飯を食べて、その後気を取り直して恐竜を堪能しました。

dinosf.jpg

初めて恐竜を見たチキですが、やはり男の子です、大興奮でした。
お土産に買った恐竜ちゃんかたみはなさず持って歩いています。

お次はの目的地は鍾乳洞。
この辺は本当に沢山の鍾乳洞があるのですが、この辺で一番立派だと教えてもらったCABREPINEへ向かいました。
山のてっぺんのすごくさびしいところにあり、たくさんの小さな村を通りぬけるので地図を片手にたどり着くまでがほぼ冒険、というかまたもや迷いまくり・・・でした。
なんとか閉館時間ぎりぎりに到着。
しかし頑張って来たかいがある所でした。

cabrespine.jpg

とにかく巨大で本当に見ごたえ充分。
こんなに大きなCAVEははじめてみました。
またもやここでもいるのはスペイン人だけ。ガイドさんのツアー中みんなでかなり盛り上がりました。

vinodino.jpg
恐竜の博物館でこんなものを見つけてつい買ってしまいました。
怪獣ワイン!かわいいでしょ?



この後再び、晩ご飯を食べにカルカソンヌへいきました。
夜のカルカソンヌはすごく素敵なのです。
その様子はまた次回!


人気blogランキングへ



パトリス・ジュリアンのフランスワインABC―ワインと料理を楽しむパトリス・ジュリアンのフランスワインABC―ワインと料理を楽しむ
(1997/12)
パトリス ジュリアン

商品詳細を見る

【theme : 旅行日記
【genre : 旅行

tag : フランス 南仏

バルセロナの特別な日

11月08日の日曜日にローマ教皇ベネディクト16世が来バルセロナしました。

このいちだいイベントに娘の学校ではバスツアーなども決行されて、姫のお友達も何人か見に行ったようです。

日本ではあまり見かけませんが、やはりスペインはカソリックの国なので、ローマ教皇関係のニュースはよく見るのですが、この日はミサも完全生中継。

というのも、今回のバルセロナ訪問の目的は、バルセロナで一番有名な建築物である130年にわたり建設工事の続いているかのガウディの代表作「サグラダ・ファミリア(聖家族教会)」を正式に教会と認定するためのミサを執り行う為だったからです。
ミサには司教達を含む6500人が参列し、800人の聖歌隊が参加したそうです。

SF1.jpg


これで晴れてサグラダファミリアも正式に教会として認定されたわけで、バルセロナ市民(勿論スペイン人にとっても)とても重要な訪問だったのです。
今までは工事中ということではなくて、認定されていないということで。正式な教会ではなかったのですね。知りませんでした。

サグラダ・ファミリアは1882年着工され、ガウディが1926年に死去するまでの彼のライフワークでした。

ガウディが詳細な設計図を残しておらず、弟子たちが作成した資料の多くもスペイン内戦などで失われてしまったため、これまで時代ごとの建築家がガウディの構想を推測するという形で工事を進めてきたのです。
もちろん資金難で工事が遅れたというのも有名ですね。
もしくはスペインだから・・・?笑。
でも昔の教会や大聖堂はすべてこうやって何百年も掛けて人の手で作られてきたわけですから、実はそんなに驚くべきことではないのかもしれません。

それにしてもここ数年の急ピッチの工事は目を見張るものがありました。

私がバルセロナに住んでいた5年前、知り合いが来るたびにいきましたが、天井の装飾、柱などはほぼ未完成でした。
あまりに行き過ぎたのでもう完成するまではもう行かない!といっていたのですが、今回TVのミサを見て本当にすばらしい現代的で独創的でそして神々しくも美しい内部映像を見て、完成前に久しぶりに、もう一回くらいいきたいなあという気持ちになりました。

SFinterior.gif

ステンドグラスもモダンですが美しい!の一言。

Sagrada_Familia_Interior.jpg

☆今回の写真はすべて借り物です。

植物モチーフのデザインの柱たち。まさに自然との調和。

ガウディの没後100周年に当たる2026年までの完成を目指しているようですが、今まで大丈夫?と思っていましたが、もしかしてもっと早くできるんじゃない?と思い始めてしまいました。

本当に完成が楽しみです。



海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)海のカテドラル 上 (RHブックス・プラス)
(2010/05/10)
イルデフォンソ ファルコネス

商品詳細を見る


こちらもバルセロナの教会のお話で、数年前にスペインでベストセラーになりました。
やっと翻訳が出ました。
興味のある方にはおすすめの本です。

人気blogランキングへ



【theme : スペイン
【genre : 海外情報

tag : バルセロナ

栗の日とお墓参り

さて今週末は、カスタニャーダと諸聖人の日でした。

ということで今日はしばし南仏紀行はお休みにしてスペインの話題を。

カスタニャーダは(カスターニャ)の日で、焼きを肴にモスカテルという甘いリキュールを飲みます。
祭りといってもそれだけです。笑。

カタロニアでは、パナジェッツというアーモンドとジャガイモを松の実でくるんだ御菓子を食べるのが伝統的。

sfur2010 140

おばけみたいなへんなかたちのはココナッツ味のパナジェッツ。
昔はアーモンドしかなかったのに、ここ数年いろんなフレーバーのパナジェッツがでています。(どれもあんまり美味しくないけど。ボソッ。)

この日が近くなると以前にもお話しましたが、町のあちこちで若者達が集まってドラム缶でを焼いて売っていて
なかなかにぎやかな雰囲気。
若者達が作っているのはたいていこげてたりするんですけど、この時期お散歩に出るとついつい一つは買ってしまうんですよね。

好きの姫のために、ルネラ家では今週末最終的に1kg(以上)の焼きをオーブンで作りました。

sfur2010 137

チキもデビュー。
二人でものすごい勢いで食べておりました。
ここ三日ほどおやつは毎日焼き栗。
一応ネットで、剥き易い焼き栗の作り方検索して、何回かやってみたんですけど、なんだかいまひとつでした。
日本のレシピでは魚のグリルでやるというのがありましたが、どうなんでしょう?
来年こそは焼き栗用フライパン(下に穴が開いている)買ってみようかなあ?

1日の月曜日は諸成人の日ということで、祝日。
我が家は伝統にのっとって、お花を持ってお墓参りに行ってきました。

お昼は毎年恒例の海沿いのレストランでファミリーランチ♪

sfur2010 153

ヤギのチーズのフリットと鴨の生ハムのサラダ


sfur2010 154

メインは牛肉のフォアグラのせ。(フォアグラ大好物)

デザートはフォンダンショコラにピスタッチオのアイスクリームをいただきました。大満足。
今日も食べ物の話になっちゃいましたね。笑。
あー美味しいモンブランが食べたい・・・・・。
今年こそ頑張って作ってみようかな?

Las Palmeras
Rafael Campalans, 16
Torredembarra, Tarragona 43830

週末にいよいよ冬時間に切り替えになり、日本との時差は8時間になりました。
チキは8時半就寝の5時半~6時半起床のジェットラグ状態。
母は寝不足です・・・。

人気blogランキングへ




いも・くり・かぼちゃのほっこりスイーツ (プチブティックシリーズ 560)いも・くり・かぼちゃのほっこりスイーツ (プチブティックシリーズ 560)
(2010/08/24)
不明

商品詳細を見る

【theme : スペイン
【genre : 海外情報

tag : スペイン

プロフィール

ルネラ

Author:ルネラ
TOKYO出身。スペイン人の夫と2004年産まれの姫と2009年産まれのチキとスペインの地中海沿いの街でのんびり生活を送っております。たまに書くお仕事もしています。

カテゴリー
コメント アリガトウゴザイマス!
ブログランキング

人気blogランキングへ List Me! by BlogPeople

オススメ エホン
Love viaje!

【RatesToGo】世界各地のホテルをお得に直前予約 お手頃価格で4-5星に泊まれるので我が家もでもよく使っています。日本国内のホテルもお得。 【ホテルクラブ】世界のホテル予約。人気のあのホテルが最大60%引き フォートラベル クチコミ投稿キャンペーン実施中 バルセロナのホテル検索 世界1200万人が購読する世界No.1の旅行情報サービス「Travelzoo」 ヨーロッパを巡る旅 スペインの地図から簡単ホテル検索【ホテルクラブ】 エクスペディア-海外の厳選ホテル4万軒すべて最低価格保証!

ホン

kaori

Free
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りに登録
世界の読者の皆様

リンク カンゲイ♪
カワイイモノ

スペインをヨム

ガウディが知りたい!―建築・デザイン・アート・人物・謎が丸分かり バルセロナ・カタルーニャ美術散歩 JTBキャンブックス         スペインパラドール紀行―歴史遺産に泊まる スペインをyomyom        

タビ・タビ・タビ
Affiliate
カウンター
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。