スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Parador@Caldona 晩餐会

さてお城の探検も終えて、お風呂に入った後は早速晩餐会へ出かけました。 

実はネットで下調べしているときにここのパラドールのレストランけっこう賛否両論でどうしようかなと思っていたのですが、また車に乗ってCaldonaの村まで降りていくのが面倒だったので、結局夕食はパラドールで食べることにしました。

mar011+274_convert_20110601224040.jpg 

レストランの雰囲気もメディアバルとモダンな色使いが上手い具合に混ざってなかなかよい感じ。

私たちはコース料理で

まずはアペリティフにでてきたバカララオ(鱈)のタルトがすごくおいしくて期待大。

mar011+271_convert_20110601221232.jpg  

チキもおいしかったようで、指をいつまでももチュパチュパしておりました。

前菜は農夫風スープ ←野菜いっぱいですごく美味

mar011+281_convert_20110601221916.jpg 

メイン 
肉とマッシュポテトの栗風味 とにかくすごいボリュームで久しぶりに食べきれませんでした。
栗風味のマッシュポテト私はご飯で甘いのって苦手なのでちょっと厳しかったけれど夫は喜んで食べていました。
 

デザートはフレッシュチーズのはちみつがけ(カタロニアの定番デザート)

どれもとってもおいしかったです。

しかも価格設定もすごくリーズナブルでさらに満足度もアップです。

子供用メニューもとっても充実していました。

姫のご注文。

大好きな目玉焼きと白いご飯。

彼女の大好物アロス・アラ・クバナのトマトソースがないバージョンです。

 mar011 265 

お子様メニューとは思えない立派なボリューム。
生ハムやチーズはもちろん野菜も一つ一つがフレッシュでおいしかったです。
チキはみんなのお皿からおいしいどこ取りをしていました。
この夜はデザートにアイスクリームもデビューし大満足だったようです。

カマレロもみんなすごく親切で(まずスペインではどこにいっても子供連れで困るということはありませんが)、みんな本当に子供好きのようでものすごく人懐こいチキはいっぱい声を掛けてもらったり、遊んでもらったり、デザートをのおまけをいろいろいただいたりとお陰で気持ちよくゆっくりと夕食ができました。

翌朝の朝ごはんは言うまでもありません。
ホテルの朝ごはん大好きなルネラ家のメンバー。 (特に母。)
どれもこれもおいしそうなバフェットに大興奮。

写真は撮りませんでしたが、
イチゴジュースやオレンジ&マンゴジュース、キウイジュースはぜーんぶフレッシュ。
久しぶりに食べるおいしい焼き立てのサクサクのペストリー
生ハムなどのエンブティドも最高においしかったし、夫は朝からタパスにはまっていました。

ということでいろんな評価のあるパラドールのレストランですが私たちは大満足でした。

ロケーションも素晴らしいし、宿泊する時間がない人はバルセロナからちょっと足を伸ばして、城探検がてらランチを食べにいくというのもなかなかお勧めですよ~。


 

人気blogランキングへ

スペインパラドール紀行―中世の古城、貴族の館、修道院に泊まる (JTBキャンブックス)スペインパラドール紀行―中世の古城、貴族の館、修道院に泊まる (JTBキャンブックス)
(1995/08)
上野 健太郎、竹山 裕子 他

商品詳細を見る






スペインパラドール紀行―歴史遺産に泊まる (コロナ・ブックス)スペインパラドール紀行―歴史遺産に泊まる (コロナ・ブックス)
(2004/05)
香川 博人、小畑 雄嗣 他

商品詳細を見る

 

スポンサーサイト

【theme : スペイン
【genre : 海外情報

tag : スペイン パラドール

姫とお城に泊まる


セマナブランカを利用して3月にお誕生日と結婚記念日をかねて小旅行へ行ってきました。

行き先は カルドナのパラドール

いつも行こう行こうといいつつ何年もたっていたので夫的にはせっかく旅行に行くのならもう少し遠いところに行きたかったようですが 、私は久しぶりにちゃんとしたホテルに行きたい気分だったのです。

パラドールのあるカルドナは、バルセロナの北西約100kmピレネーの山裾にあります。

9世紀のカルドナ伯の 古城を改装した歴史的建造物で、遠くから見ても山の上にそびえる姿はまさにお城!という感じでいっぱい。

mar011+189_convert_20110601214902.jpg 

姫には今日はお城に泊まるのよ~と前もって言ってあったのですが、あんまりピンときていなかった様子で、車からあそこに泊まるんだよ!と指差すと「えええ~本当にお城だぁ」と大喜び。(もちろん母もわくわくだったのですが。)

やはりせっかくパラドールに泊まるなら、設備が整っている最新の素敵なホテルもいいのですが、こういった歴史的建築物に泊まるのがお楽しみです。


mar011 339 

まずはチェックイン。
レセプションだって優雅な雰囲気ですごく素敵です。
パラドールにあったソファーはみんなおおきくてふっかふか。こんなのが家にも一つでいいから欲しい・・・。
天井が高くて窓もカーテンも壮観、もちろん高台に立つお城なので窓からの眺めも文句なしに素晴らしい。


mar011+236_convert_20110601215312.jpg 

こちらはカフェテリアのテラス。
ここからの眺めも最高です。

mar011+233_convert_20110601215115.jpg 

こちらはカフェテラスの内部。ここのソファも最高のすわり心地でした。
色の配色もとっても素敵です。
mar011+235_convert_20110601221722.jpg

はしゃぎまくりのお二人さんが塔にに登っている間に私とチキがお茶をしていたら、偶然にも何年もご無沙汰していた夫の友人カップルに会いました。
逗留三日目ということで思い出話に加え、周辺の観光スポットを色々聞出しきました。


mar011+255_convert_20110601215413.jpg 
こちらはパティオ
日が暮れてきました。

mar011+239_convert_20110601222440.jpg 

古い井戸

mar011+249_convert_20110601215526.jpg 

瓦屋根に見入るちびっこたち。
城内には教会もあり、ガイド付きで観光することもできます。


城内探検を終えてお風呂に浸かってすっきりしたらいよいよ晩餐会の開始です。


人気blogランキングへ



【theme : スペイン
【genre : 海外情報

tag : バルセロナ パラドール スペイン

やっとこトレド

今回のマドリッドの旅のもうひとつのお楽しみは長年行ってみたかったトレドに行く事です。


マドリッドには何回も行っているのですがそこからたった1時間足らずのトレドにはいつも足を伸ばす時間がなくて、行きたい行きたいとずっと思っていた場所だったので、炎天下の中しかも坂道だらけのトレドですが暑さにも負けずに頑張って歩き回ってきました。


噂には聞いていましたが想像以上に見ごたえたくさんで本当にあともう1日いたかったなあ・・・後ろ髪ひかれまくりながら家に戻ってきました。


とにかく街のどこもかしこも歴史を感じさせる匂いがぷんぷんなんです。雲ひとつない青い青い空とタホ川の眺めがとてもキレイでした。


20070722232833.jpg 旧市街の入り口ビサグラ新門

20070722233015.jpgサンタクルス美術館


余りのよいお天気に写真撮ってるだけで肩が焼けていくのがわかります。20070724095756.jpgプラテレスコ様式の美しい門は圧巻


20070722233223.jpgパティオ、館内は陶器の美術館やなぜか考古学の展示品も併設( マンモスの牙?も展示してありました。)そしてエルグレコが死の半年前に描いたという有名な「聖母被昇天図」やその他の作品達、リベラやゴヤ絵画が展示してあり結構見ごたえがあります。

20070722233133.jpg一番楽しみにしていたカテドラルは日曜日の午後はスペイン人&ユーロコミュニティ在住者は入場料無料!なので午後にお預け・・・・。
早く行きたい気持ちを抑えて前を通り過ぎました・・・。


20070724144638.jpgこんな感じの小道がたくさんあります。そして娘はいつものようにありを発見して見入っておりました・・・・。ありなんてどこにでもいるんだけどなあ・・・。
20070724141610.jpgトレドには町のいたるところに名物のマザパンやさんがいっぱいでした。これ全部マザパンでできてるんですよ~。


ランチにトレド名物のうずら料理を食べ、マザパンのお土産を買ってすっかり典型的観光客な私達!おなかもいっぱいになったところで早速カテドラルに向かいました。


スペインカトリックの総本山と言われるトレドのカテドラルはなんと世界で4番目の大きさを誇るゴシック様式を基重とした大寺院です。
20070722233548.jpgこちら時計門*ここから入場します。


20070722233312.jpg市庁舎広場からみたカテドラル。かなりひいて、しかもえびぞりになって写真を撮ったのですがやっぱり尖塔が入りきりませんでした・・・。
外からもその大きさと装飾の細かさと美しさが充分にわかるのですが、内部の華麗な装飾は本当に想像以上に見ごたえがありました。いたるところに彫刻や絵画が所狭しと並んでいます。そしてsacristia聖器室にはエル・グレコ、ゴヤ、ベラスケス、ファンダイク、テッィアーニ等の巨匠達の作品がまるで美術館のように展示してあるんです。私達は娘がちょうどお昼寝タイムに入ったのをいい事に2時間以上のーんびりと中を見て回りました。日本人観光客のの姿もたくさん見かけてうれしくなりました。


その他にもMuseo duque de lerma やシナゴーグ等にも行ってきました。トレドにはエル・グレコの絵が溢れていて数箇所観光地を回るだけで1日50点くらい見ることができるのでエル・グレコにのファンにはたまらない街です。


残念ながら今回エル・グレコの家とアルカーサルは改装中で入場できませんでしたが、まだ他にも行きたかったところを全部は回りきる事ができなかったので、次回のお楽しみという事にします♪マドリッドに行く際は足を伸ばす価値おおありのトレドですよ~。


  blogランキングへ   


トレド トレド


 

【theme : 世界遺産
【genre : 海外情報

VIVA マドリッド!パート2


さてマドリッドの庶民的ナ名物といえば?


チュロス+チョコラテ


     と


イカリング揚げサンドイッチ だそうです。by友人力説


とってもとっても暑いさなかなのに・・・朝ごはんに名物いただいてきました。


     ↓


20070718224709.jpgチュロスをホットチョコレートにつけて食べるのがマドリ風だそうです。我が娘すごい顔になってかぶりついております。溺愛する姫のこんなブサイク写真載せたの見たら夫怒るだろうなあ・・・。それにしても変な顔だ。笑。相当美味しかったらしくものすごい勢いで食べておりました。という事でもちろん換えチュロス追加いたしました。


今回の旅の中で一番楽しみにしていたのがゴッホ最後の風景という今ティッセン美術館でやっている美術展です。


http://www.museothyssen.org/thyssen/


Van Gogh. Los últimos paisajes


入場制限をしていて15分おきに時間が区切られ好きな時間のチケットを購入する事ができます。プライベートコレクションもけっこうあったのでこの時期マドリッドに行く方はちょっと覗いてみるとおもしろいかもしれませんね。


ゴッホの展覧会の入場の待ち時間にミュージアムショップで素敵な絵本を見つけました。後日紹介しますね。


ところで今回の旅行では姫と二人でプラド美術館にも行ったのですが、すぐ飽きてしまうかなあと思っていたのですが事前にいくつか画集を見せて昨日見た絵探しゲームやお絵かきタイムを作ったりしていたらあっという間に3時間以上がすぎてしまいました。そしてなによりビックリしたのがプラドで娘が絵を描いていたときのこと、その日突然彼女のお花の絵に花びらと花弁がついたのです。たくさん絵を見て絵心を刺激されたのか?ランチの時に夫に見せたら、私が手伝ったんだろうと疑ってなかなか信じてくれませんでした。


20070718224322.jpg本日の御飯はこちら。モンタディートの盛り合わせ♪バゲットの上にいろんなものがのっています。うなぎの稚魚の炒め物、ヤギのチーズ&かりんジャム、赤ピーマンにサルディナ、海老の炒め物、ブラックソーセージなど・・・。他にも美味しそうな物がたくさんあって頼みたかったのにコレ食べた後は嬉しいやら悲しいやらおなかいっぱいになってしまって他の物がたべられなかったのがちょっと心残り。お店の人も陽気で親切でマドリレーニョはやぱりいいなあ~。アンダルシアほどではないけれど人懐っこいスペイン人のイメージがカタロニアから来るとガンガンします。笑。(スペイン人の間ではカタロニア人はケチで閉鎖的というイメージがあるんです。 )


マドリッドには気軽に入れるタパスがいっぱい。おしゃれなレストランもいっぱいで、何を食べるか本当に迷います。


  20070718224559.jpg姫はバーのおじさんからもらったサービスのポテトチップスを平らげしばし放電中・・・・・。


じっと外を眺めているので 


母「何してるの?」


姫「考えてるの」


だって・・・・・・・・・・・・。


ナニヲカンガエテタノカナ?ぷぷぷ。
人気blogランキングへ

VIVA マドリッド!

先日マドリッドに行ってきました。


何しろ久しぶりのマドリッド!かなりの暑さにちょっとヘタリましたが、久しぶりの大都会を満喫してきました。


実は正直言うと以前はどちらかというとバルセロナ派のルネラだったのですが、今回プラドとティッセン以外はどこという観光地にも行かずに大きな本屋さんをゆっくり覗いたり街を歩いただけだったのですがマドリッドの街の美しさを今更ですが再発見しました。(ということで観光地の写真はありません。期待した皆さんすみません。笑。 )


20070718224134.jpg


プラドの裏側の素敵なおうち達・・・。↓こんなところに住んでいる人がいるんですねえ・・・。特に角部屋のガラス張りの去らんがあると思われるペントハウスなんていったい家賃いくらなんでしょうねえ~。それにしてもものすごく広そう。済んだりとまったりしなくてもいいから中のぞいて見たいなあ。どんなインテリアなのかかなり興味津々です。



20070718224232.jpg



20070718224405.jpg


20070718224445.jpg


コチラはプラド通り。マドリッドは緑が本当に豊かな街です。この通りには噴水もたくさんあって木陰がよい気持ちです。この道は真ん中が遊歩道になっていてこーんな公園↓もあってちびっ子連れの散歩にはぴったりです。小さな池に船を浮かべて遊んでいる子供達も見かけました。
20070718224516.jpg


暑くて人気のない公園。もちろん姫は公園独り占め・・・。本当に子供って暑さにも寒さにも強いんですよね。ものすごい汗かいてるのにとっても元気に遊び回っていました。



20070718225143.jpg


グラン・ビアの建物の天辺には女神、馬車、人、馬たくさんいろんなものがのっかっていて、上を眺めながら歩きすぎて首が痛くなりました。(すっかりおのぼりさんの私達。)とにかくどの建物も絵になるんですう。バルセロナのガウディやモデルニズモの建築のように個性的な建物があるわけではないけれどマドリッドはやっぱりバルセロナに比べると街のスケールも違うしとてもきれいな街です。


写真の空が真っ青ですが、本当によいお天気すぎて暑くってコレが噂の夏のマドリッドか・・・と痛感しました。


20070718224639.jpg
20070718224732.jpg


いっぱい歩いてお腹がすいた後はもちろんすしバーへ、久しぶりに御寿司を食べました。


窓ガラスのエルブジのFerran Adriaのお祝いの言葉に惹かれて入ったのですがお味はお値段の割にはまあまあかなあ?


個人的には晩御飯に食べた老舗の純和食やさんのしゃぶしゃぶサラダ、カツどん、五目ラーメンのほうが感激でした。


パート2へ続く・・・    人気blogランキングへ


 












ゴヤへの旅―生誕地フェンデトードスから栄光と悲惨の地マドリッド、終焉の地ボルドーまで


ゴヤへの旅―生誕地フェンデトードスから栄光と悲惨の地マドリッド、終焉の地ボルドーまで


【theme : スペイン
【genre : 海外情報

プロフィール

ルネラ

Author:ルネラ
TOKYO出身。スペイン人の夫と2004年産まれの姫と2009年産まれのチキとスペインの地中海沿いの街でのんびり生活を送っております。たまに書くお仕事もしています。

カテゴリー
コメント アリガトウゴザイマス!
ブログランキング

人気blogランキングへ List Me! by BlogPeople

オススメ エホン
Love viaje!

【RatesToGo】世界各地のホテルをお得に直前予約 お手頃価格で4-5星に泊まれるので我が家もでもよく使っています。日本国内のホテルもお得。 【ホテルクラブ】世界のホテル予約。人気のあのホテルが最大60%引き フォートラベル クチコミ投稿キャンペーン実施中 バルセロナのホテル検索 世界1200万人が購読する世界No.1の旅行情報サービス「Travelzoo」 ヨーロッパを巡る旅 スペインの地図から簡単ホテル検索【ホテルクラブ】 エクスペディア-海外の厳選ホテル4万軒すべて最低価格保証!

ホン

kaori

Free
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

お気に入りに登録
世界の読者の皆様

リンク カンゲイ♪
カワイイモノ

スペインをヨム

ガウディが知りたい!―建築・デザイン・アート・人物・謎が丸分かり バルセロナ・カタルーニャ美術散歩 JTBキャンブックス         スペインパラドール紀行―歴史遺産に泊まる スペインをyomyom        

タビ・タビ・タビ
Affiliate
カウンター
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。